パソコン初心者

検索エンジンとは

スポンサード リンク


インターネット上にどれだけのwebページが存在するかご存知ですか?

数十億ページは存在すると言われています。
その中から、自分が必要なwebページを探し当てるのは、至難の業です。
そこで、その膨大なwebページを整理し、ユーザーの入力したキーワードに一致する検索結果を返すのが、検索エンジンです。
現在の検索エンジンは、ただ単にキーワードが含まれる検索結果を表示するだけではなく、利用価値の高いサイト順に表示します。
つまり比較的簡単に目的のwebページにたどり着けます。


検索エンジンはたくさんあります。その中でも有名なのが、Google, Yahoo, MSNです。

日本人にとってはYahooが一番馴染み深いと思います。
Yahooはディレクトリ型の検索システムを取り入れています。ディレクトリ型とは携帯でお馴染みの階層構造になっていて、ジャンルごとにwebサイトが分類されているものです。


ディレクトリ型は初心者でも簡単に扱えますが、いくつか弱点があります。

一つ目は、サイト単位でしか登録されていないことです。
このためトップページにしかリンクされておらず、より詳細な(マニアック)内容のページを探しにくいです。

もう一つは、登録数が限られていることです。
質のよいディレクトリ型のシステムは、人為的な作業を伴います。
ですから、あまりたくさんのサイトを掲載することが出来ないのです。


そこでやはり私は検索で、webページを探すことを好みます。
検索で探すなら、やはりGoogleが一番使いやすくて良いです。

そこで、次の記事ではGoogleの解説をしたいと思います。

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。