パソコン初心者

変換をマスターする

スポンサード リンク


まずは基本です。以下のような変換をしてください。

ぼくは → 僕は

:練習スペース


簡単ですね。「ぼくは」と入力して、スペースもしくは変換を押すだけです。


ぼく → ボク

:練習スペース


これも同じなのですが、カタカナにする場合は「無変換」をおしたほうが速いです。


ぼくはなす → 僕話す & 僕は茄子

次はこれ「ぼくはなす」と一気に入力して変換してください。

:練習スペース


どちらかが上手くできないと思います。
変換を押すと

ぼくは なす

もしくは

ぼく はなす

と、どちらかで切れるかと思います。「ぼくは なす
になった場合で説明します。まず「僕は茄子」にするには・・・

ぼくはなす 入力して変換を押す

僕はなす まず「ぼくは」を漢字にする。変換を押した状態でなっていると思うが、なっていなければ候補から探す。

続いて「→」キーを押して「なす」のほうを選択し変換する。

と、これだけですね。では「僕話す」にするにはどうすれば良いでしょうか?

「シフト+方向キー」で対処します。

まず入力して変換を押す。

ぼくは」になっているので、シフトを押しながら「←」を押す。すると「ぼく」になる。この状態で変換し、次に「→」を押して「はなす」を変換すればよい。

つまり「シフト+←→」で変換領域を変えれるわけです。


スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。